fc2ブログ

刺しゅう糸で編む誕生花

どうも。
今日は、1年かけて作った月別の誕生花制作の振り返り。

a1650-1.jpg

下半期は全部まとめて撮るのが難しかったので、3カ月ずつに分けました。
まずは7~9月のユリ、ひまわり、リンドウ。

まとめて撮れなかった一番の原因はひまわり。
存在感があり過ぎ。
ひまわりとユリに挟まれて、リンドウが完全に負けている。

a1651-1.jpg

10~12月のガーベラ、シクラメン、カトレア。

シクラメンはちゃんと発泡スチロールを使って飾り直したから、以前よりは良くなったかと。
花の茎の長さが足りなくて深く挿し込めていないので、ちょっと傾くことはありますが、毛糸玉に挿していた時のように少しの振動で倒れることはなくなりました。

a1496.jpg

改めて上半期の誕生花。

花だったから何とかなったけど、毎月仕上げないといけないというのは、気が済むまで編み直したくなる性格に合っていなかったなー。
来年はゆっくり時間をかけて作ることにしよう。

スポンサーサイト



刺しゅう糸で編むカトレア 完成

どうも。
カトレアが完成しました。

a1646.jpg

最後の最後で組み立て方を度忘れして、残しておかないといけない糸端を全部切ってしまうという小さなミスはあったけど、概ね順調に進められたような気がします。

a1647.jpg

修正を加えた2個目はこんな感じです。

がく片の目数も少し減らしたんだけど、花弁の幅を変えたので1個目のままでも良かったみたい。

a1648.jpg

葉は編み直して幅を狭くしました。

a1649.jpg

茎の太くなっているところ、バルブの部分はフローラテープを何重にも巻いて太くしてから刺しゅう糸を巻いています。
1本目の時は巻き方を失敗したので、多分2本目より多く巻いたと思う。

本当は葉だけのものも作るつもりだったんですが、このフローラテープを巻く作業が面倒でやめました😅

下半期分をまとめて写真を撮りたかったけど、シクラメンの飾り直しまで手が回らなかったので、次回アップします。

刺しゅう糸で編むカトレア 花弁の修正と葉の試作

どうも。
今日はカトレア制作の続きです。

a1641.jpg

花弁の編み方を微調整して、幅が0.6cmプラスの5.3cmになりました。

ただ、作り目も増やしたのに長さは0.2cmプラスの6.7cmでした。
増やした目数から考えると、もう少し長くなるはずだったんだけど、1段目の隙間を目立たないようにするためにワイヤーを引き絞り過ぎたのかも。

ついでに、3段目の増し目の回数を増やしたので、多少はヒラヒラ感もアップ。

a1642.jpg

葉は刺しゅう糸を4本取りにしました。
3本取りでレース針8号を使う場合、どうしても隙間が出来てしまうので、4本取りなら隙間埋めに悩むことも無くなるだろうと思って。
代わりに糸の消費量が増えるけど。

形や長さ、幅は適当。
ちょっと幅が広すぎたかな。

刺しゅう糸で編むカトレア 花の組み立て

どうも。
今日もカトレア制作の続きです。

a1638.jpg

ずい柱の部分は、筒状に編んで茎も兼ねたワイヤーを入れ易くしました。
形は組みやすさ重視で適当です。

というか、シンビジウムの編み方のメモが見つからなくて、どう編んでどう組み立てたか覚えていないから、変えざるを得なかったというのもあるんですけど😅

シンビジウムは後から書けばいいやーと思って、すぐにメモをしなかった記憶が薄っすらある。
まさかそのまま書かなかったとは…。

a1639.jpg

花を組み立ててみました。

組み立てた時は花弁の大きさが足りなかったと思ったけど、画像を見るとこのままでもいいような気もしてくる。
根元側の幅は少し広げてもいいかも。

一番心配だった唇弁のサイズも問題なさそうです。

a1640.jpg

長さも多分大丈夫。
赤紫だけで編んだから、色には違和感があるけど。

花弁は微調整してもう一つ花を作ってみます。

刺しゅう糸で編むカトレア 花びらの試作 その2

どうも。
今日はカトレアのがく片と唇弁の試作です。

a1635.jpg

まずはがく片。

サイズの確認に画像を見ていたら、長さも幅もまちまちで、どれを参考にするかでちょっと迷走しかけました。
つい色々と見過ぎてしまうので、最初に参考にする画像をはっきり決めておくべきだった。

a1636.jpg

唇弁の試作。

一応前回の花弁と合わせてみながら編んだけど、本当にこのサイズので良かったのか、今一つ自信が持てない。

a1637.jpg

細編み1目、鎖3目の繰り返しで縁編みを編みましたが、増し目を編んでいない根元側がこんなに波打つとは思いませんでした。
鎖2目だと緩いフリルにしかならなそうだったから増やしたんだけど。

このままでも問題はないので、編み直しはせずに仕上げてみることにします。

花弁が増し目の割にあまりヒラヒラにならなかったのは、縁編みを編まなかったせいもあるのかな。

プロフィール

amimowano

Author:amimowano
物作りが好きです。
日々気ままに作品作りをしています。

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 よろしければ1ポチお願いします。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ ひとり手芸部へ
にほんブログ村
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
アーカイブ